fu7mu4’s diary

はてなダイアリーから移転しました。

Hacklerery Funの冒険

ハックルベリーフィンの冒険という本を読んだ。読み終わった。みんなも読むと言いよ。さて、このハックとトムの会話についてどう思います?

トム「こうなんだ。それじゃあ正しくもないし、道義にもかなっちゃいないから、僕はそんなことにはなってもらいたくないんだが、しかし、方法はそれしかないんだ。僕らは鶴嘴で掘り出し、鞘入りナイフだという振りをしなければならないんだ。」

ハック「道義にかなおうがかなうまいが、掘るには鶴嘴に限るさ。僕にすりゃ、道義とか波動だっていいことなんだ。黒ん坊だとか、西瓜だとか、日曜学校の本だとかを盗もうとする時には、盗めさえすれば、どんな手段で盗もうとちっとも頓着しない。僕が欲しいのは僕の奴隷なんだ、または西瓜なのだ、または僕の日曜学校の本なのだ。だから鶴嘴が一番手っ取り早いなら、僕はその鶴嘴でその黒ん坊や、西瓜や、日曜学校の本を掘り出すんであって、権威ある人たちがそのことをどう考えるかなどということもさらに頓着しないんだ。」

うーん、ハッカーぽくありませんか?また、トムにはハックって呼ばれてますよね。やっぱり、ハッカーの語源の一つなきがします。