fu7mu4’s diary

はてなダイアリーから移転しました。

cppcheck を Xcode でビルド

cppcheck を Xcode でビルド

cppcheck を Xcode でビルドする方法があるかもしれないといろいろいじっていた。なぜってgithubリポジトリに、Xcodeのプロジェクトがおいてあるからである。そもそもXcodeを使ったことがないのに何はじめちゃったんだろう。

しばらくして、cmake で Xcode Project を生成できることがわかった。

git clone git@github.com:danmar/cppcheck.git
cd cppcheck
cmake . -G Xcode

これで Xcode プロジェクトが生成できる。生成したXcodeプロジェクトをXcodeで開くといい。たぶん。ビルドはできた。

emacs-26 と emacs-27 を間違えた

emacs-26 と emacs-27 を間違えて起動していた

本当によく考えればemacs-26とemacs-27を両方インストールしている必要なんかこれぽっちもないんだけど、自分のmacOSには気がつくとemacs-26とemacs-27がはいっていて、たまに間違えてemacs-26を起動している。今日もemacs-27と思ってemacs-26を起動していた。本当に意味ないな。

せっかくなので、emacsの起動中のメッセージをみてみたら、toggle-read-onlyを使っているemacs-lispがいくつかあったので、read-only-modeと置き換えていた。

macOS で cppcheck project を支援する donate-cpu を実行してみる

macOS で cppcheck project を支援する donate-cpu を実行してみる

(cppcheck)https://github.com/danmar/cppcheck のプロジェクトを簡単に支援する方法として donate-cpu がある。

Cppcheck is a hobby project with limited resources. You can help us by donating CPU (1 core or as many as you like). It is simple:

Download (and extract) Cppcheck source code
Run script: python cppcheck/tools/donate-cpu.py

The script will analyse debian source code and upload the results to a cppcheck server. We need these results both to improve Cppcheck and to detect regressions.

You can stop the script whenever you like with Ctrl C.

とあるのでまず、git clone

git clone git@github.com:danmar/cppcheck.git
# or
git clone https://github.com/danmar/cppcheck.git

して、python cppcheck/tools/donate-cpu.py するといいはず。

python cppcheck/tools/donate-cpu.py
#

IMPORTANT Please run the client with at least Python 3.4, thanks!

#

おっと python 3.4 以上じゃないとダメみたいですね。

python3.7 cppcheck/tools/donate-cpu.py

Thank you! Configured with: --prefix=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr --with-gxx-include-dir=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX.sdk/usr/include/c++/4.2.1 Apple clang version 11.0.3 (clang-1103.0.32.59) Target: x86_64-apple-darwin19.4.0 Thread model: posix InstalledDir: /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/bin git version 2.25.0 GNU Make 3.81 Copyright (C) 2006 Free Software Foundation, Inc. This is free software; see the source for copying conditions. There is NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

This program built for i386-apple-darwin11.3.0 GNU Wget 1.20.3 built on darwin19.0.0.

-cares +digest -gpgme +https +ipv6 +iri +large-file -metalink +nls +ntlm +opie -psl +ssl/openssl

Wgetrc: /usr/local/etc/wgetrc (system) ロケール: /usr/local/Cellar/wget/1.20.3_2/share/locale コンパイル: clang -DHAVE_CONFIG_H -DSYSTEM_WGETRC="/usr/local/etc/wgetrc" -DLOCALEDIR="/usr/local/Cellar/wget/1.20.3_2/share/locale" -I. -I../lib -I../lib -I/usr/local/opt/openssl@1.1/include -DNDEBUG -g -O2 リンク: clang -DNDEBUG -g -O2 -lidn2 -L/usr/local/opt/openssl@1.1/lib -lssl -lcrypto -ldl -lz ftp-opie.o openssl.o http-ntlm.o ../lib/libgnu.a -liconv -lintl -Wl,-framework -Wl,CoreFoundation -lunistring

Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL バージョン 3 あるいはそれ以降のバージョン http://www.gnu.org/licenses/gpl.html. このソフトウェアはフリーソフトウェアです。自由に変更、再配布ができます。 法律が許すかぎり、全くの無保証です。

Hrvoje Niksic hniksic@xemacs.org によって書かれました。 バグ報告や質問はbug-wget@gnu.orggdb is required

gdb が必要なようです。先にいってくれないのか。

(macOS Sierragdbを使う)https://qiita.com/kaityo256/items/d2f7ac7acc42cf2098b2 などをみて用意すればいいと思います。

これで、とりあえず実行できるようになりました。

KOF2019に参加

KOF2019に参加した

KOF2019 に参加した。ここでいう KOF は キングオブファイターズではない。関西オープンフォーラムである。 オープンソースの集りというか文化祭のようなものである。

これも OpenChainProject の Japan WG としての参加です。そう運営側で。 運営側なのでいろいろと話が聞けてよいのだけど、こちらがいろいろな話を聞きにまわれないという問題がある。やっぱり一日だけにすればよかったのではないか。

Git メッセージのテンプレート

git メッセージのテンプレート

日本人のためのgitメッセージのテンプレート を作った。

これは、姫路IT系勉強会で 話題にあがったもので、これを git のテンプレートに設定すると、Git メッセージの最初の一行をある程度書くときにサポートとなるもの。

とりあえずつくってみたものの、評判などはないのでほぼ放置になっている。

OpenChainProject活動

OpenChain Project 活動

OpenChainProject という Linux Foundation傘下のプロジェクトがある。これは、企業などがオープンソースコンプライアンスを遵守するための活動なんですが、去年に引き続き活動に参加した。

基本的には会合に参加したり、slack や MLを読んで回答できるときは回答するなどである。対したことではないので興味があれば参加するといい。

なお、OpenChain で検索すると ブロックチェーン関係の情報が引っ掛かってしまう。調べるときは省略せずに調べて欲しい。

GitLabの校正役になった

GitLab の校正役になった

GitLab といえば今年は GitLab の proofreader になれた。

https://docs.gitlab.com/ee/development/i18n/proofreader.html

GitLab の翻訳をちまちまと続けているのだが一向に終る気配がなかったので、もうちょっとがんばってみようと思っただけ。ただのひまつぶしなのかもしれない。

そういえば、GitLabのproofreader になるときにはこのファイルを変更することになる。つまり、マージリクエストを送ることになりそれはマージされるのだ。

GitLab には最初のマージリクエストがマージされたときに記念としてマグカップがもらえる。みんなんもマージリクエストを送ってマグカップをもらうといい。