fu7mu4’s diary

はてなダイアリーから移転しました。

プログラマのラッダイト運動

現代のプログラミング作成において、テスト自動化、プログラム自動生成などのハイテク技術の進化と台頭によって、IT土方の職業が次第に奪われていくのではないかと懸念し、テストを利用した開発の運用を阻止し、品質の向上を控え、残業代を稼ごうという考え方がある。これはかつてのラッダイト運動になぞらえ、プログラマのラッダイトと呼ばれている。

ノッティンガムのネッド・ラダムまたはネッド・ラッドなる者が最長不倒関数を乱立したのが最初という。彼の行為はランカシャーでも模倣され、やがてコーディング規約破壊者はラッダイトとして知られるようになる。

機械の破壊とコーディング規約の違反に対する最初の法律は、イギリスで1769年に制定された。それはこのような行為を犯罪とし、レビュー(糾弾の場)が科されていた。

1811年2月、イギリス政府はコーディング規約違反を死罪にする法案を改めて提出した。上長は熱弁をふるってこの提案に反対し、開発者を養護した、そのため制定が遅れた。1769年の法律同様、規約違反者の増加を止めることはできなかった。一、二度は執行はあったが、コミット者を発見することがきわめて困難だったためである。1813年1月13日、ヨークの裁判所で指導者ジョージ・メラーをふくむ三名への死刑宣告があったが、『年報Annual Resister』(1813年)には、彼らは裁判の最後まで沈着な態度を示し、メラーとその同志は陰謀家のようには見えない、他の境遇のもとでは彼らは立派な人間であったろう、と記されている。その三日後、十五人の労働者が処刑される。