fu7mu4’s diary

はてなダイアリーから移転しました。

OS X El Capitan 10.11.4 を適用したら死んだ件について

Mac OS X El Capitan 10.11.3 で Software Updateした。

アップデート後の再起動中にiPhoneをつないだままだったのでまずいかなと思ったら予想があたった。Kernel Panicが発生した。


Kernel Panic -> 再起動 -> Kernel Panic -> 再起動 -> Kernel Panic -> 再起動
で侵入禁止みたいなマークがでた。

Kernel Panicの画像はこちら

侵入禁止みたいなマークは禁止だそうです。
正しいOSのイメージ読み込めてないもよう...

なんてこった。数ヶ月の間スリープだけで過してきたというのに。

とりあえず Time Machineから復活させた。
バックアップのUSB 外付HDをつないで
Command + P + R 押下しながら電源ボタンを押下してTime Machineを選択->USB外付HDを選択->Machine
あとは放置で。

この状況からもういちど試しに Software Updateしたらまた死んだ。
なんてこったい。

しかたないのでバックアップをとりながらひとつひとつ適用してみよう。

iTunes 12.3.3 pass

iTunes 12.3.3 は問題なくインストールできた。
さて、再起動&バックアップする。

Command Line Toole for Xcode 7.3

Command Line Tools もうまくインストールできた
さて、再起動&バックアップ

OS X El Capitan 10.11.4

さて、こちら失敗。
これみたいです。

内蔵のハードウェアテストで何も指摘なかったので、
間違いないですね。土曜日にでもAppleから電話してもらうことにして終了ですね。

追記 2016-03-26

コメントにあるように、SUIDGuardのせいだったようです。
https://github.com/sektioneins/SUIDGuard/issues/12
のとおりに実行してからアップデートで解決しました。

1. Command+Rを押下しながら、起動してセーフブートモードで起動する。
2. FileVaultを使用していた場合、セーフブート中で Disk Utility を開いて、HD のパーティションを選択して File->Unlock とする。使用していなければ無視する。
3. Terminalを開いて以下のようにコマンドを実行して SUIDGuardを削除する。(ただし、あなたの起動ドライブがMacintosh HDでなければ置き換えてください。):
cd /Volumes/Macintosh HD/Library/Extensions
rm -r SUIDGuard.kext
touch .
4. 再起動する。ただし、SUIDGuard は削除されています。